新しい人生誕生の日に向けたおじいさんからの手紙




新しい人生誕生の日に向けた
おじいさんからの手紙

2020年6月11日、ソロメオ

私の愛しい孫たち、おじいさんはいつでも君たちのこと想い、君たちの愛情を追い求めることを欠かしたことはありません。 しかし、年配者の遠慮で、最初の頃は、君たちが寝ている時ぐらいしか話しかける勇気が持てませんでした。何かの魔法を通じて、私の夢が君たちの夢の中にそっと入り込み、君たちの純粋な魂と直接話してくれることを想像しながら喜びをかみしめていたものです。

今日、君たちは元気いっぱいの素朴さで私の心の不安を解消してくれました。そして今、幸せな会話が絶え間なく生み出されています。それは、私が思い出せる会話の中でおそらく一番私を元気づけてくれるものでしょう。ですから、新しい人生誕生の日に、君たちに私の気持ちを語りたいのです。たとえ私たちのもとを離れた大勢の人たちに対する辛い思い出があろうとも、私も他の多くの人のように、最後には大荒れの海から抜け出すことができました。そして、やっと今、安全な海辺から未だ動揺する心で過去を振り返っています。

私の孫たち、肥沃な新芽である君たちへ、私の考えと記憶の遺産を伝えたいのです。今日、愛情いっぱいの思いやりとともに、人生は君たちへ微笑みかけていることでしょう。人類にこれほどまで多くの痛みをもたらした恐れ、全世界を巻き込んだ未だかつてない試練を君たちは見事乗り越えることができました。

偉大な科学者アインシュタインの素晴らしい頭脳と才能、それが私たちに教えてくれたことは、困難な時こそ苦悩が創造に対する才能や革新への力を引き出し、神の恵みとも言うべき力が人類にもたらされるということです。ホメーロスの永遠の詩では、武器を置き、痛みを忘れ、新しい人生を再発見するための勇気を人々にもたらした王たちの偉業が讃えられています。これほどまでに私を感動させ共感させたことは他にありません。ですからここから人生を再び歩み始めたいと思います。新しい人生への希望とともに、君たちは成長し、そしていつか私のことを思い出すでしょう。そしてある日、何処かからこの文書を見つけ、これが君たちにとって最も素敵な思い出の一つとなり、君たちの心や魂に刻まれることを願っています。私がこよなく愛した賢者フィオリーノおじいさんの言葉が、たとえ文書として残されていなくても、私の記憶の中にもいつまでも残されているのと同じように。より甘く有益な果実を実らせる世代の奥深さから、君たちの心にも偉大な理想が生まれることでしょう。

私の生まれた土地に、私が若い頃に得たものと同じものが分け与えられるように日々お祈りしています。それらは時間の変化とともに、さらに魅力的で素晴らしいもののように私には感じられます。 黄金色の麦の穂、香る果実、絞ったオリーブ、ピカピカに光る鋤、ミツバチの羽音、オークの古木が映し出す果てしない影。こうした記憶が、私の魂を上昇させ、本質的な感情をより高く高貴なところへ位置付けなければならないということを教えてくれました。

私の親愛なる人たち、君たちはこの文書から、愛情いっぱいでそれと同時に真剣な要求を見つけ出してくれることでしょう。人間の尊厳の絶対的な価値を認識すること、そしてそれにまつわる敬意を例外なく常に誰にでも表することの大事さを。願望は、正しい要求と合致した時だけ正しい意味を持つ、ということを発見することでしょう。誠実さを伴っていない豊かさからは距離を置くべきこと、豊かさというものは、他の人と共有できなければ意味がないということを理解するでしょう。宇宙の調和はたった一つの本質と魂を持っているがゆえに、すべての生き物に不可欠であり、それがいかに大切かを知ることでしょう。

勇敢で優しく、誠実で質素で、他人を心から歓待することに熱心で、勤勉で創造的な人間であって欲しいと願う心に揺さぶられています。いつの日か、たった今過ぎ去ったような遠い時代の懸念を君たちが模索するだろうことを私はすでに察しています。そして多くの年を経て、君たちはそれがなぜだったを尋ね、どんな痛みでも恵みになりえるという教えをそこから見出すことでしょう。

君たちだけでなく、世界の各地で今日生まれるすべての子供たちにも、言葉少ないこの手紙が届くことを心から願っています。これは、明日の人類への贈り物として、スピリチュアルな祝意を綴った遺言書とも言えるでしょう。神が、これからも末永く私を君たちのそばに居させてくれることを信じますが、もし私の気持ちと生きた言葉で私の愛情を伝えることができないとすれば、次の言葉に目を向けてください。これは私がすべての高貴な考えと有徳な行動の起源、力として学んだことです。「神とそれに属するすべてのものは、常に愛され守られなければならない」

Brunello Cucinelli

イタリア版「Vogue」2020年6月号

閉じる
言語の選択