熱心な観察者であったレオナルド・ダ・ヴィンチは、このような記述を残しています。「自然は、人間が一生経験することがないほどの無限の表現に満ちている」。創造物の保管者また主として、1千年以上、記憶、研究、作品を作り上げ、土地と特別なつながりをもってきました。


ソロメオのブドウ畑の番人の画像は、2017年4月に遅くやってきた寒波の際、土地を暖めるために点火された火で、誇りと慈悲の心をもち、困難や災いを乗り越えるための自然への愛を示した瞬間を表現しています。

美は世界を救う

​‌”

フョードル・ドストエフスキー

閉じる
言語の選択