町にあふれる芸術と文化

文化は人々のきずなを作るほか、考えのもととなり人間の魂を養います。芸術への愛、調和と美を表現するすべてのものに対する敏感さ、文化とそれらが様々な形になったものを普及することに対する情熱は、夏の穏やかな夜、ソロメオを見晴らすアクロポリス(高台の広場)に人々を集めるアクティビティやイベントの原点です。劇場の舞台やアウレリウス新人文主義アカデミーの各部屋から、様々な音の調べや思いが、歴史あるウンブリアの町の小径や広場に広がっていくのです。

Festival Villa Solomei

皆に惜しまれて亡くなったソロメオの司祭であったアルベルト・セーリ神父に捧げられ、1998年に始まったフェスティバル・ヴィラ・ソロメイは、美しい音楽、特にクラシック音楽を民衆に広める立役者としての役割を果たしています。毎年、イタリアと世界の音楽家や作曲家たちが、町を代表する特徴的な場所で観客を迎え入れ、古き良き、遠い異国からの伝統的なメロディーを奏でます。フェスティバルは毎年夏の初めの数週間にわたって開催され、作品を突き動かすヒューマニズムや文化的価値の自然な顕現として、ブルネロ&フェデリカ・クチネリ財団によりオーガナイズされています。

Solomeo Rinascimentale
Solomeo Rinascimentale
Solomeo Rinascimentale

夏が深まると、ソロメオの高台を昔にタイムスリップさせるソロメオ・リナシメンターレ(ルネサンスのソロメオ)イベントが開催されます。1979年に始まったこの印象的な催しでは、いにしえの装束や味が復刻され、歴史深い伝統に人々の思いをいざないます。ウンブリア伝統の定番料理が訪れる人々の舌と心を歓待するほか、職人、道化師、吟遊詩人や歌手たちが、町の小径に集い、民謡や曲芸を披露するのです。ソロメオ・リナシメンターレは毎年、7月末の10日間にかけて開催され、ソロメオ・フィルハーモニー・ソサエティとともに、心暖かい町民たちの参加のもと組織されています。

芸術週間「野外劇場シネマ」は、文化と分かち合いに捧げられた街角に、映画芸術を持ち込むために組織された2019年の夏生まれの新しい文化プロジェクトです。第1回のプログラムは過去のカルト映画に捧げられ、皆の記憶に刻まれた感情、セリフや映像の感動をもう一度感じることに焦点が当てられました。星空シネマの夕べは、魅力にあふれた野外劇場を舞台にして開催されます。この野外劇場は、劇場とアウレリウス新人文主義アカデミーとともに、芸術フォーラムの一角を成しています。第一回芸術週間は、夏の間開催され、毎週2本の映画が上映されます。

Settima Arte
閉じる
言語の選択