La Bellezza

《わたしは世界の美に責任を感じた》。これは永遠の概念に最初に言及した古代ローマのハドリアヌス帝の言葉です。まさにソロメオ村で営 まれている現実とぴったり一致します

«Mi sentivo responsabile delle 
bellezze del mondo» Adriano

《美》とは。その対象は物であったり、人であったり、考えであったり、やり方、そして言葉であったりします。そして暮らしの《美》。美 しい世界。美しく輝かしい未来。《美》は煌びやかな飾りではなく、うわべだけの表面的な属性でもありません。《美》とは、人や物の内なる特性の一つの形な のです。美しいものは前向きで発展的です。

大抵の場合、美しいものはシンプルでもあります。シンプルなのは、考えや資源が乏しいからではなく、過剰なものや非常に豊かなものを簡 素にまとめたものだからです。偉大なことを簡単な形で語ることができるのは、スケールの大きな人間だけです。人間的な人の周りにはシンプルさが漂います。 すべてが明快であり、何が美しいのかがわかるうえ、人間的なあらゆるクオリティが際立ち、至上の表現となって現れます。

Solomeo in primavera
1997 WWD
La Scuola di Solomeo
Plotino

ソロメオ村では、生活と仕事場の各所にこうした《美》が息づいています。今日職人学校として使われている中世の城でも、家々でも、庭で も、そして近代的な設備が農業の伝統と無理なく融合する丘の麓の地域でも。あちこちの庭園に居ながらにして仕事をすることが可能なので す。

1996 La Nazione
1998 Corriere dell'Umbria

古いものと新しいもの、会社の目標と人間のニーズを両立させること、これがさまざまな角度から革新を展開する企業の秘密なので す。

Il Teatro Cucinelli di sera
閉じる
言語の選択