被造物との調和と人間らしいサステナビリティ

Busto Marco Aurelio

ハルモニアー(調和) は、かつてギリシャの神でした。アフロディーテとアレスの娘で、フェニキアのアジェノールの息子、ヨーロッパの兄弟であるカドモスと結婚しました。彼とテーベを建立し、二人はユーピテルからエーリュシオンでの永遠の命が与えられました。

サルスティオは「神話の話は決して起こらなかったが、いつも存在している」と確信しました。 今日、ハルモニアーは普遍的な概念の中で再び生きており、人間らしい人たちへ応用され、その寛大さを反映しています。 生活、割合、接続、目的の一致、感情の一致、エレガントさに存在しています。Arte(芸術)とAritmetica(算術)のような 語幹「ar」は、理性と本能が一致して構成することで「すべての森羅万象にとって美しい、役に立つこと」を生み出していく、深い結びつきを象徴しています。

空の下には、光、常に新鮮できらめく雲、そして星、そのすべての下に地表には山々、海、人間の創造物があります。 環境に関する行動は、損害を与えない、あるいはできるかぎり最小に抑えるようにしなければなりません。 「調和にはサステナビリティがある」。

適切な天候、畑での適切な栽培、街と古い村への適切な手入れ、適切な新しい発案と適切な郊外の開発は、実現できることであり、この素晴らしいことを実行するために必要な熱意は、サステナビリティと言えます。適切とは、関連する、革新的な、タイムリーな、慎重に配慮した、丁重な、調和のある、を意味します。

フェドロとの会話を行った庭を後にする前に、ソクラテスはその土地の神々に向き合って、「親愛なるパンよ、そして他のすべてのこの土地の神々よ、私の内面が美しくなるよう、そして私が持つすべての外面が内面と調和することをお許しください」。 調和は、その外面が内面と友好的であることを自覚し求められる、人間主義的資本主義の本質的な特徴です。 「世界は消費されず、自制を伴って活用される」。 森羅万象の配慮に対する継続的な望みは自然なことです。「愛されるものを保存する心配りを有さない愛はありません」。このように、17世紀に、英国人作家バーナード・デ・マンデヴィルは、管理の概念の魅力を統合しました。

管理は心配りをする道具です。私たちそれぞれが、割り当てられた森羅万象のひとかけらの世話人であり、家の前の花壇を効率よく保つことが、街を効率よく保つことであると知っており、また花壇の花を効率よく保つことは単に水をやることでなく、花びらが枯れ始めたら交換する必要があることも知っています。

森羅万象を慎重に活用するだけでは十分でなく、それは更新もされるべきです。変化のない管理はありません。良い堆肥に似た何か、豊かなフムスは肥沃な土地に変えてくれます。しかし、肥料と異なるのは砂漠化がなされず、生命を吹き込みながら継続して再生させることです。

人間主義的資本主義の本質的な目的の中に利益と貢献、活用と恩恵の調和化があります。国際的な指令は自然、節約、改革、そして保護について、調和のある行動に関する素晴らしいガイドの一つです。

建造物の作品について考えてみましょう。すべての建造物が同じ運命を辿るわけではありません。あるものは、記念碑のように潜在的に永遠を運命付けられており、別のものは、街のように何世紀か存続します。その他の運命は、工業インフラのように経済と市場の変化に従属します。これらに自覚を持つこと、人々そしてものごととしっかりと接触を保つことは、タイミングよく変化に応じる行動の調和を促し、無駄を抑えることができる慎重な姿勢です。

伝統的な家族は何世紀にも渡り、人間社会の核でした。今日、少し難しい時代にありますが、人間的な家族をもっと広い意味で想像するべきです。サイバネティクスは人々を、人間同士の兄弟関係が手で触ることができる、ある種の惑星家族へと近づかせています。インターネットを介した世界家族の人々の間の関係は、必然的に本物です。

本物であることは気高く、正直であることはすべてを簡素にします。 家族におけるように、企業においても、連帯と救援は厳しさを寛容さに調和させ、それをもっと信憑性のあるものに変えてくれます。真実が人間的な欠陥を表した時、最新テクノロジーの分野においても、間違いを正すために、勇気と誠実さに身を委ねることは自然なことです。

テクノロジーは製造に役に立ちますが、創造の時間と活用の方法との調和は大きなテーマです。レオナルド・ダ・ヴィンチによって発明された飛ぶ機械は、当時は奇跡的なものとして扱われましたが、人間がその発明を活用できるようになるまでどのぐらいの時間が経過したでしょう。今日、テクノロジーは新しい製品、時間を前倒しにするクオリティと数値機能を備えた製品を急速に生み出しています。

調和のある歴史を作り出すことは現代の天才、今日のレオナルドに委ねられています。テクノロジーに関して慎重に活用することは皆に委ねられています。過去の偉大な者たちが行いたいと考えていたように、後続の者たちへ私たちの時代の永遠の証言を残す、新しい記念碑的なアイデアが今日の天才たちを納得させることができたらどんなに素晴らしいことでしょう。

インターネットからロボットまで、テクノロジー人間主義的活用は、自覚ある慎重な森羅万象の保護に対する無限の助けを構築し、手仕事はその第一線に位置します。

地球のどこでも何世紀にも渡り、手仕事は人間主義的経済の土台でした。今日、芸術と技術の間の位置にあるこの財産を保存する必要性を、誰もが確信しています。しかし、どのようにできるのでしょうか。 新しい時代は生き方と状況を変わりました。しかし、ソロメオでは、まず最初に繊維学科を、そしていくつかの学科の職人養成のために職人学校を開校しました。大成功を収めた一つの挑戦、私たちが方法ではなく、手仕事の人間主義的本質、そして限りない創造的価値への自覚に専念したことが、成功の理由です。

手が頭と創造的本能の道具である仕事はなぜ「手作業」と呼ばれるのでしょうか。若者たちを納得させ、信頼を再び彼らへ与える必要があります。私たちは、彼らを待つ輝かしい将来への希望と夢を伝えましょう。

教師は人間性と、生徒に対する真実に溢れていなければなりません。彼らは愛されていると感じることを必要としており、彼らは満たす瓶ではなく、灯す炎です。悪用されてはなりません。でなければ彼らの尊厳を傷つける教育へと滑り落ちるリスクが生まれます。しかし、もし教師が心と教育を調和できるなら、もし教唆するのでなく、アドバイスすることができるなら、もし教え込むのでなく証言することができるなら、彼は巨大になり、未来の最高の力を生み出すでしょう。自発的に森羅万象を愛するだろう力、そしてもしかすると、尊重しそれと調和して生きるための法律を必要としないかもしれません。

生活と仕事に対する私たちの理想

十戒

I. 自然に即して栽培し、最も貴重な贈り物のように果実を収穫することで、母なる地球を愛し尊重しましょう。

II. 必要以上に、自然に逆らって物事を使わないようにしましょう。愛情を注ぎながら地球を活用しましょう。

III. 常に忠実で愛情深い被造物の管理人として行動しましょう。

IV. 人間の道徳的および経済的尊厳を信じていましょう。

V. 正当な利益、そして利益と貢献の調和を支えながら働きましょう。

VI. 適切な作業と人間としてのプライバシーの調和を探求しましょう。

VII. 元祖を忘れないようにしましょう。彼らは規則を尊重することを教えてくれて、彼らの言葉の中に私たちの歴史が書かれています。

VIII. 世界の普遍主義に信じており、人々に尊敬しながら行動します。

IX. 私たちの時代の最良の部分を生きるために、適切な変化を受け入れましょう。

X. 若者たちを愛し、彼らを待ち受ける輝かしい将来への希望と夢を伝えましょう。

閉じる
言語の選択