「自然は不必要なものは作らない。」アリストテレス

Fall Winter 2015

「自然は不必要なものは作らない。」アリストテレス

テオフラストスと聖フランシスコ修道士の自然観は、 数世紀後にジョルダーノ・ブルーノ、バールーフ・スピノザから謳われてもいる、手つかずの自然、見返りを要求せず栄養を与え治癒する自然、ナトゥーラ・ナチュランスです。ナトゥーラ・シェンティエは、ガリレオとデ・フリースの自然観、ルネッサンスとともに誕生し、今日までその重要性を高めながら引き継がれてきました。ナトゥーラ・センチメンタリスは、ルソーだけに留まらず他の多くの者、チャールズ・ディケンズ、アレッサンドロ・マンゾーニ、フェイ・ゾン、マーク・トウェイン、葛飾北斎、エドガー・アラン・ポー、そして私たち一人ひとりのロマン主義的自然観です。

上記の模範はシンボルとして、自然の深遠な真意へと私たちを導いてくれます。自然は常に物質と神性に分けられますが、文化と歴史に影響を受けた異なる自然観の間でも、自然は生と死を個人的にも集団的にも左右し、人間に内在する最高の基準点です。

それぞれの時代を通してこの偉大なる母の中でも、時間を超越したところでも、人間は時に応じて、人間が作り出した神、栄養を与えてきた寛容で本能的な乳母、彼らに打撃を与えた悪魔を探究したり、恐れたり、願望したり、愛したりしてきました。そしてルネッサンス以降、人間は自分自身に傲慢となり、自然を検証したがり、まず神秘を解明し、次に全面的に自然を変化させることを成し遂げたのです。受容体から当事者へ。最初の数年間は母の乳を吸い、成熟してからは自然に介入する人間は今、生き続けるために、自然の生命を維持するという、とてつもない課題が待っています。

おそらく、人間が生活のリズムと寿命に強要され、未来に無自覚でいる他に何もできなかった頃は、神が下したある種穏やかな命令条件の中に完全に身を委ねて生きていたのでしょう。

現代では、人間によって生まれた進歩は、この関係を根底から変え、重い責任を押しつけ、巨大な倫理的問題を提示しています。自然に介入し、自然を変わるようにした人間の新たな可能性をどのように扱っていきますか。どこまでが合法でしょうか、それは役に立つのでしょうか。私たちは、この質問への答えはまだ知りませんが、美しさに満ち溢れる人生を得ることができるのか、あるいは悲劇的な死を迎えるかが、その回答次第であることは知っています。バベルの塔は、真実の探求を敢えて行い過ぎたために、自分を見失った人間のストーリーを語っています。それは活力あるイメージ、宗教的背景を持たないにもかかわらず、とても喚起的で非常に現代的な力を発しています。

自然の掟から、つまりもの事の必要性からインスピレーションを得るべきです。アリストテレスによると、自然は「無益なことは決してしない」、そして不要なことも決してしないと、そのセリフに付け加えることができます。震えるけばけばしい色の孔雀の優雅な羽さえ、理由と目的があるのです。ジョットの修道士に戻り、岩からほとばしる水を一歩一歩辿っていくことを想像してみましょう。最初は小さな流れ、そして泡立つ小川、谷間、荘厳な川、そしてやっと無限の広大な海へ。何千キロも続くこともある水の流れ、しかし、本質的、経済的、効率的ではない一つだけの軌跡、一つだけの曲線を辿ることはないのです。それは、私たちにとってもまったく同じです。現代技術の道具が私たちの敵になると信じることは、単なる口実です。その道具を、進歩のためにどのように有利に効率的に使うか私たち次第です。

美が世界を救う、と言ったミスキン王子は嘲笑されましたが、同時代の人たちから蔑まれていた他の多くの神秘主義者と同様に、彼は正しかったです。美が世界を救うだろう。美を救うことだけが私たちに任せています。それは、勇気と愛をもって自然を観察し、自然から学びながら簡単さと倫理さを用いればできることなのです。

閉じる
言語の選択