消費主義の衰退と 節度ある物の利用

今日、消費に対する考え方が変化しつつあります。ここ数年間、消費主義がいささか過剰に達した感がありました。

人間は生きるために物を使う必要がありますが、物を消費する必要はありません。消費は疲弊を意味します。

これに対し、節度ある使い方をすれば、物には再生するための余裕が残ります。今日復活しつつある理想についても同様のことがいえます。これは、どの時代にも共通する人間的なことです。大昔にエピクロスは、既にこのことを明確に認識していました。 今ここで、私たちは節度ある現実的な物の利用に立ち戻りつつあると同時に、ある意味、消費主義は衰退しつつあります。社会の豊かさが物の適切な利用と一致し、分別のある健全な経済成長の方がより人間的だと思われます。

The Decline of Consumerism
閉じる
言語の選択